「自分の人生は自分で決める」選択する力について考えてみる

Life Design(生き方) すべての記事

こんにちは、
中村ゆずる(@yuzuru098)です。

人生は選択の連続である。

よく聞く言葉ですし、その通りだよなと自分でも思っています。
でも実は、誰の言葉かは知りませんでした。

調べてみるとシェイクスピアの『ハムレット』に出てくる言葉だそうで原文は「Life is a series of choice」

だからなんだと言われればその通りで、「言われてみればそうだなあ」とか「そんなの当たり前だろ」とか言われそうな感じですし、言わなかったとしてもそう思ってしまうのは自分も同じです。

しかし、そんなことを言ってるだけではこの名言を自分の人生に活かすことはできません。

この言葉を聞いて、「じゃあどうする?」と考えるのか、「その通りだよな」で終わるのか。どちらを選択するのかは、あなた次第です。

大切なのはこの選択の連続を自分の力で乗り越えているのかということ。
なかなか決めることができない。選択肢は他人が選ぶことが多い。自分で自分の選択の幅を狭めている。そんな人生を歩んでいませんか?

どうすれば自分の人生で、自分で選んだ道を進んでいくことができるのでしょうか。

選択する力とは3つの力の集まり

  • 選択肢を増やす力
  • 適切な選択肢を選ぶ力
  • 選んだ選択肢を正解にする力

選択する力とは、『目の前にある選択肢の中から正解を選ぶことこ』だと思われることが多いのですが、大きく分けてこの『選択肢を増やす力』『適切な選択肢を選ぶ力』『選んだ選択肢を正解にする力』の3つの力が集まったものだと考えます。

選択肢を増やす力

言葉の通り、目の前にある選択肢ではなく、第3案を考える力です。
目の前にある選択肢というのは安易に揃う選択肢であったり、与えられた選択肢であることが多くあります。

そんな選択肢を選んだあなたはやる気に満ち溢れているでしょうか。
そのやる気を維持することができるでしょうか。

また、目の前にある選択肢ではこの問題を解決できそうにない。そんな時にもこの『選択肢を増やす力』が必要になります。

いま目の前に有るA案、B案。この選択肢では解決できそうにない…。
そんな時に新たなC案を作り出す力。

いま与えられた選択肢ばかりを選択しているのであれば、自分なりの選択肢を考えるクセをつけた方がいいと思います。「自分はどうしたいのか」それを自問自答するクセをつければ、「自分はどうしたいか」という選択肢は見つけられるはずです。

適切な選択肢を選ぶ力

選択する力というと真っ先に思い浮かべそうなのが『適切な選択肢を選ぶ力』なのではないでしょうか。

適切な選択肢を選ぶために必要なのは、

  • 選択肢を比べるための情報
  • あらゆる角度から比べる視点
  • 優先順位を決めるための現状把握

と言ったところでしょうか。

限りある時間を何に使うのか。思いつく限りの選択肢をすべてやり切ることは難しいはずです。何を優先してやるのか、何をやらないのか。適切な選択肢を選ぶ力は決断力と言い換えることができるかもしれません。

選んだ選択肢を正解にする力

最後は、『選んだ選択肢を正解にする力』です。
個人的にはこれが結構重要な気がしています。

というのも、正解を選ばなければいけないとなかなか決断することができない。与えられた選択肢を”不正解だと思い込んで”実行することで、たとえ正解だったとしてもうまくいかない。そんな場面を、多く見てきたからです。

『選んだ選択肢を正解にする力』は、まずは選んだ選択肢を信じて、これが正解だったと思える様に一生懸命やってみる。ということが大切になります。

ただし一つだけ注意があります。
万が一不正解を選んでいた場合、気持ちだけで正解にすることは難しいでしょう。一定期間続けた後、このまま続けるか、違う選択肢を選ぶか、状況を振り返りもう一度選択する機会を設けることが必要です。

自分に必要な力を考えてみる

『選択肢を増やす力』『適切な選択肢を選ぶ力』『選んだ選択肢を正解にする力』

3つの力すべてが高い状態。というのはもちろん理想だと思いますが、いきなり3つとも意識するのはなかなか難しいのではないかと思います。

まずは、自分に足りない部分、自分が強化したい部分はどこかを選択するところからかもしれません。

有効な第3案を思いつくことはできなくても、自分なりの選択肢を考えるクセをつける。決めた選択肢を正解にするために、一生懸命取り組む。

この2つが自分の人生を自分で決める最初の一歩になるのではないか。

個人的にはそう思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

カテゴリー

アーカイブ